計画的な離婚のために行なう作業|プロ相談のススメ

裁判所

相談する専門家の選び方

六法全書

司法書士に相談しよう

人が亡くなると、必ず相続が発生します。相続が発生すると被相続人の預金口座は凍結されるほか、人によっては相続税の申告を行わなければなりません。遺族だけで全ての手続きを行なうことは難しいため、専門家に相談するようにしましょう。では、千葉にお住まいの方は、相続相談をどの専門家にすればいいのでしょうか。相談先としてまず選択肢に挙がるのが司法書士です。司法書士は専門家の中でも敷居が低く感じられるため、相談しやすい特徴があります。また、遺産分割協議書の作成や必要書類の取得を行ってくれるほか、不動産の名義書き換えも依頼することが可能です。実家などの不動産を相続した場合には、司法書士に相談するといいでしょう。最寄りの司法書士事務所を訪れるか、千葉司法書士会に司法書士を紹介してもらうことで、司法書士に相談することができます。

弁護士や税理士にも相談

司法書士は、第三者の立場から相続相談に乗ってくれます。そのため、遺産分割協議がスムーズに進んでいなければ、司法書士に相談することはできません。司法書士は片方の立場を支持することはできないため、紛糾している遺産分割協議をまとめることはできないのです。もし遺産分割協議が紛糾している場合には、弁護士に相談する必要があります。ただし、弁護士に相談する場合には、相続を得意としている弁護士を選ぶ必要があります。千葉県弁護士会に相談することで、相続を得意としている弁護士を紹介してもらえます。相続税が発生する場合には、税理士にも相談する必要があります。千葉県税理士会に相談することで、最も適した税理士を紹介してもらえます。申告には期限が設けられているため、早期に税理士に相談するようにしましょう。